HOME>info>薬剤師へ転職をするときに知って欲しい情報

薬剤師へ転職をするときに知って欲しい情報

薬剤師

薬剤師の転職をサポートするのが専門求人サイト

薬剤師が転職するときには、専門の求人サイトの利用をおすすめすることが多いのですが、その理由はサポートしてくれるというメリットがあるからです。転職をする人の多くが、働きながら次の職場を探すことが多く、時間に限りがある人が多数です。一般的な求人サイトやハローワークなどでは多くの求人の中から薬剤師の求人を探すことになります。専門求人サイトを利用すると薬剤師の求人をピンポイントで探すことができるだけでなく、キャリアコンサルタントにサポートをしてもらいながら求人を見つけることができます。

違いを知っておこう!医師と薬剤師

病気やケガの治療法や医学の発展を目指す医師

医師は病気やケガに対して薬や治療法を判断し回復を目指していく仕事と大学病院などで研究をして医学の発展を目指す仕事も行います。他にも、保健所などでの衛生業務を行うなど幅広い業務を行っています。

薬の調合や管理、確認を行う薬剤師

薬剤師は医師の指示を受けて、薬を調合していきます。薬の保管や管理をしていくだけでなく、医師が処方した薬の指示が間違っていないかも確認することも大切な仕事です。

薬剤師は資格が必要だから即戦力として採用されやすい

薬剤師になるためには、大学6年間薬学に関して学んでから国家資格を受験し、資格を取得してからではないと業務をスタートすることはできません。薬学部に入学できたから、試験を受けることができるということなく、学校によっては試験を受ける資格を与えないケースもあります。狭き門だからこそ、募集をしている求人に応募すると採用される確率が高くなります。

薬剤師の転職で気になる疑問を解決

なぜ専門の転職サイトがよいといわれていますか?

一般的な転職サイトでは他の職種も検索結果に出てきて求人数が多く、なかなか希望に合う求人を見つけ出すことができません。また、専門のサイトでは、薬剤師の求人だけを絞りこみすることができますし、特化したコンサルタントからサポートが可能になります。

転職するきっかけで多い理由はなんでしょうか

給与アップや休日を増やしたい、キャリアアップを目指すといいう理由が多く、一般企業にお勤めのかたと同じような理由となっています。他にも転勤も少なく、同じ顔ぶれでの仕事で人間関係に悩むという理由からも転職のきっかけとなっています。

薬剤師は転職回数は関係ないというのは本当ですか?

転職回数に関しても他の求人と同様に考慮されます。一般的な職種では3回以上で多いというイメージが持たれることが多いですが、薬剤師の場合には、人材不足からも転職する人が多いことが配慮されているため4回以上は転職が多いというイメージがつくことになります。また回数だけでなく、転職してからの期間が短い場合にはネガティブなイメージを持たれる点も一般的な職種と同様になっています。

転職回数が多いのですが、有利になるポイントはありますか?

薬剤師というキャリアだけでなく、管理薬剤師の経験や幅広い調剤経験がある場合にはポイントアップすることが可能になります。健康ブームやオリンピックがあることから、スポーツをする人が増えていることから、薬剤師であってもスポーツ系の資格も所有している場合にもポイントアップが期待することができます。

調剤薬局や病院、ドラッグストア以外にも資格を活かす職場はありますか?

製薬会社にて新しい薬の研究や試験に携わったり、学校にて学校にある薬の管理などを行ったりする職種もあります。食の安全が注目されていることから食品メーカーにて薬品知識を活かすことも可能ですし、化粧品メーカーにて化粧品作りに携わる業務も行うこともできます。他にも幅広い職種につくことが可能です。